• この記事をはてなブックマークに追加

自然と都市、過去と現在が絶妙なバランスで存在

大阪府、兵庫県、滋賀県、奈良県、三重県、そして日本海と隣接し、 日本列島のほぼ中央に位置する京都。京都市などの中心部は言うまでもなく、お茶の生産地として最も長い歴史を有する南部地域や数多くの古墳がある北部地域からも伺えるとおり、過去から重要な場所となってきました。大江山(与謝野町、宮津市、福知山市)や長老ヶ岳(京丹波町)といった名山が点在し、74%の森林率を誇るなど豊かな自然も多くあります。日本海側では、海と山と里が近く農林漁業が互いに協力し、新しい取り組みが進んでいます。自然のなかでも、都市のなかでも暮らしやすい。それが京都なのです。

 

japan_map

 

「京都って寒いのでは!?」よくご相談をお受けしているとお聞きする内容です。確かに他地域より気温は低いかもしれません。ただ、北に行けば行くほど寒くなるのではなく、森林など山深いところであればあるほど雪が降ったり寒い傾向にあります。京都を大きく5地域に分けたグラフもありますので、実際の温度差をご確認ください。

graph01

 
graph02

 
graph03

京都府北部は全国平均に比べ出生率の高い地域です。子供をのびのびと育てたい、そんな育児の希望から京都へのUターンや移住を検討される方も多いです。また、データに限らず各市町村のホームページには子育て支援情報が掲載されています。ぜひ、一度ご確認ください。
graph04