山城笠置町和束町南山城村

【東京開催】移住呼びかけ人が語る京都府南部 笠置町・和束町・南山城村の魅力と暮らし

  • この記事をはてなブックマークに追加
日 時18時45分~20時30分(受付開始 18時30分)
会 場NPOふるさと回帰支援センター(東京交通会館8階)
※有楽町駅すぐ

イベントに申し込む

京都府南部
笠置町(かさぎちょう)・和束町(わづかちょう)・南山城村(みなみやましろむら)

クライミング(ボルダリング)や木津川カヌーなどアウトドア要素満載「笠置町」
全国的に有名な宇治茶の産地として府内最大の茶生産量を誇る「和束町」
宇治茶の産地で京都府唯一の村。多様な「ものづくり移住者」が増加中「南山城村」

京都府南部に位置する相楽東部3町村には「移住呼びかけ人」と呼ばれる方が12名います。
京都府では、「京の田舎ぐらしナビゲーター」という制度もあるのですが、
この3町村では移住してきた方を「移住呼びかけ人」として認定し、これらの町村への移住の魅力をアピールしています。

今回のセミナーでは、和束町から京の田舎ぐらしナビゲーターの山下丈太さん、
南山城村から移住呼びかけ人の山田一貴さんのお二人にお越しいただき、
それぞれの町村での移住後の暮らしや仕事について、
また、移住呼びかけ人の活動などもご紹介いただきます!

■日時

2017年9月13日(水) 18時45分~20時30分(受付開始 18時30分)

■場所

NPOふるさと回帰支援センター(東京交通会館8階)
※有楽町駅すぐ
https://www.furusatokaiki.net/access/

■参加費

無料(要申込→こちらから

■ゲストスピーカーのご紹介

京の田舎ぐらしナビゲーター 山下丈太さん(和束町へUターン)
移住前:滋賀県で競走馬育成を経て、大阪府で個別指導塾の塾長

現在:合同会社ゆうあんビレッジ代表。
地元のお茶という資源を活かし、イベントや体験型プログラムから、
カフェや宿泊所の運営など幅広く手がけ、地元で多くの若者が集まり、
雇用が生まれる仕組みづくりを行っている。

移住呼びかけ人 山田一貴さん(南山城村へIターン)
移住前:東京都でサラリーマン後、茨城県で椎茸栽培管理研修

現在:キノコノ山田代表。
菌床栽培が多い中、府内最大級の規模で原木椎茸の周年栽培を実施。
使用する原木は近隣の山林で自伐も行う。
また移住希望者向けに原木椎茸の植菌と収穫の体験も提供。

当日は、お二人に、
★移住して変わった1日の過ごし方
★ぶっちゃけ経済面の変化
★移住して良かったこと、困ったこと
★相楽東部(笠置町・和束町・南山城村)の魅力
その他、フリートークの時間などを使って、皆さんの疑問・質問にもお答えします!

 

※イベントチラシ
20170913山城セミナーチラシ0821

■相楽東部への移住情報ページ「相楽暮荘」 http://soraku-iju.jp/
 ▶移住呼びかけ人の紹介ページ http://soraku-iju.jp/yobikakenin

 ♢笠置町♢ http://soraku-iju.jp/area/kasagi

 ♢和束町♢ http://soraku-iju.jp/area/wazuka

 ♢南山城村♢ http://soraku-iju.jp/area/minamiyamashiro

 

オススメのイベント