[ワークショップ]“十人十話-JUNIN TOWA-”〜生き方・働き方探求&実践プログラム〜

  • この記事をはてなブックマークに追加
日 時2020年10月~2021年1月
会 場東京都・オンライン・京都府

イベントに申し込む

<どこで、誰と何をして生きてゆく?>
“十人十話-JUNIN TOWA-”
〜生き方・働き方探求&実践プログラム〜

『十人十話』とは、移住や転職などに悩みをお持ちの方が、自分の生き方を本気で見つめ直し、新たな挑戦へと踏み出していくための全5回のプログラムです。

働き方、暮らし方を変え、自分らしく生きる人生を歩みたいと考えている方を対象に、
十数名の限られた仲間と共に、4ヶ月間ワークショップ形式で一緒に考えていきます。

本プログラムの企画・運営を行う京都移住計画では、京都へ移り住むことを考えたいという
人生の転機にある人たちと数多く出会ってきましたが、変化の一歩目を踏み出すことは簡単ではありません。

「いつかは、◯◯したい」という期限がない希望を持ちながら、「重要だけれども、緊急ではない」状態のまま、時間だけが過ぎていく。

そんな方達と1回きりのセミナーなどの点での関わりではなく、線として関わることで、
「そもそも自分は心から何を望んでいるのか」を明らかにしながら、
理想とする在り方を見つめ直し、住まい方・働き方について
今後、どの様にアクションを起こしていくかを仲間と共に探っていきます。

====================
【1】実施概要
====================
◆日時 :2020年10月~2021年1月(全5回)
◆参加費:10,000円 (早割6,000円(先着5名迄)学割5,000円)
◆会場 :東京都、京都府、オンライン
◆申込締切:2020年10月17日(土)24:00
※ イベントの詳細についてはこちらをご覧ください。
※  基本的に全回参加のみ受付。
※ 時間帯など、どうしても都合がつかない場合は事前にご相談下さい。

<日程詳細>
◆第1回:キックオフ&顔合わせ
参加者同士が深くつながる為のこれまでのライフストーリーをシェアします。
日時:10月24日(土)13:00〜17:00      
場所:オンライン

◆第2回:ローカルモデルとの出会い
転職、移住、起業など人生の転機を乗り越えた先輩から話を聞きます。
日時:11月11日(水)19:30〜21:30       
場所:オンライン

◆第3回:京都合宿
生き方の発想を拡げ、ありうる未来を描く為に現地を訪ねます。
11/21(土)~11/23(日)@京都合宿
※詳細は参加者決定後、お知らせ致します。
※1泊2日コース(必須)2泊3日コース(選択制)で調整を予定しています。
※旅費・宿泊費は、プログラム参加費には含まれません。現地での個別精算となります。

◆第4回:これからの働き方(生き方)を描く
『本当の仕事』ワークショップ(仮)をオンライン開催します。      
日時:12月12日(土)13:00〜17:00 
場所:オンライン
                                             
◆第5回:最終発表
それぞれの物語を受け取り、お互いに貢献できる情報やリソースをシェアします。
日時:1月23日(土)13:00〜16:00 ※終了後、懇親会あり(希望者のみ)     
場所:オンライン

 

====================
【2】募集要項
====================
◆参加要件
・自分の生き方や働き方を見つめたい方
・京都への移住や関わりづくりを模索している方
・全回のプログラムに参加することができる
上記3点に該当し、プログラムの趣旨に賛同する方
  
◆募集定員 :12名(最小催行人数8名)  

◆参加費用 :10,000円
※ 早割6,000円(先着5名迄)
※ 学割5,000円
※ peatixにて事前決済をお願いします。
  
◆企画・運営 :京都移住計画/株式会社ツナグム

◆共催:京のいなか暮らし・ふるさとセンター
 
◆お問い合わせ
メールタイトルに「十人十話に関する問い合わせ」と明記の上、以下のメールアドレスにお送りください。
info@tunagum.com
   
◆応募締切 :2020年10月17日(土)24:00

◆参加可否のご連絡(定員を超える場合は抽選とさせて頂く場合があります)
※ スタッフからオンラインで説明のお時間を頂く場合がございます。

 

 

<プログラムの3つの特徴>
【1】同じ悩みや希望をもった仲間とつながれる
   …「十人十話」は、プログラムの趣旨に共感がある首都圏在住の方々を対象にしていますので、
    同じ悩みと希望を抱えた仲間と本音で語り合える関係性をつくることができます。

【2】4ヶ月間、安心安全な場で徹底的に自分と向き合える
   …参加者のみなさんが同じ課題意識をもっていることに加え、「この場では、何を話してもみんなが
    理解し、受け止めてもらえる。」そうした安心が前提になければ、プログラムはうまくいきません。
    信頼できる仲間とともに、4ヶ月間という十分な期間対話するからこそ、自分だけでは
    気づけなかったものに出会うことができると考えています。

【3】「京都」を訪れることで、理想の暮らしをリアルに考えられる
   …プログラム中、実際に京都府内を訪れる合宿を予定しています。
    暮らしをリアルに感じることはもちろん、地域の人と対話の時間も設けられています。