[現地ツアー]地域の暮らしと仕事-移住者訪問ツアー/綾部市・福知山市編-

  • この記事をはてなブックマークに追加
日 時12月14日(土)・15日(日)
(12月14日(土)10:35 綾部駅北口集合)
会 場綾部市_上八田町・福知山市_大江町
備 考【お申し込み、お問い合わせについて】
MATA TABI 工忠照幸
Email: matatabijourney@gmail.com
メールタイトル名を「12/14・15ツアーの申し込み又はお問い合わせの件」と表記をお願いいたします。

!先輩移住者さんに密着!

11月開催セミナーのゲスト綾部市の櫛田さんと、福知山市の河口さんが生活をされている環境に触れてみましょう!
セミナーや情報を集めるのだけでなく、自身で地域の方とお話ししてみたり、地域に行ってみませんか?
移住先での仕事を知り体験し、地域を知り、地元の方との交流ありの体験型ツアーです!
今回の現地ツアーは、冬の綾部市上八田町と福知山市大江町。
移住をして農家民宿や半農半Xの暮らしをしている方、二拠点生活をしながら地域の魅力を発見し地元の人と地域を盛り上げる活動しているなど、人に触れ、地域を見て、自分で体感出来るツアーになっております。

なかなか地域に行くきっかけがつかめない、という方。
まずは、綾部市・福知山市に行ってみてきっかけを作ってみませんか?

◎概要◎
◯日時:12月14日(土)〜15日(日)
◯集合:12月14日(土)   10:35 綾部駅北口集合
◯解散:12月15日(日) 15:00頃予定 大江駅近く解散予定
◯応募締切り日:12月7日(土)
※限定、4名様です!※
(参考)
8:45 大阪駅(JR京都線新快速) → 9:14 京都駅着 → 9:24 京都駅(JR特急はしだて1号) 
→ 10:30 綾部駅着・下車 → 10:35 綾部駅北口集合
※メールでのお問い合わせの際は、タイトル名を「11/14・15ツアー申し込みの件」と表記の上ご連絡をお願いいたします。(ご質問、当日お車で起こし予定の方などのお問い合わせ先もこちらになります。)
MATA TABI 工忠 照幸(くちゅう てるゆき)
Email: matatabijourney@gmail.com  

◎こんな方におすすめです!◎
①いなか暮らしに興味がある
②地域に行くきっかけを探している、行ってみたい
③先輩移住者の生の声や仕事などを聞いたり体験してみたい
④地域の風景を見て、体感し今後行くきっかけが欲しい

◎スケジュール◎(当日の天候などを考慮いたしますので、変更の場合がございます)
—1日目—
綾部市上八田町に移動 →「農家民宿 ぽかぽかのうえん」到着(櫛田さんと合流) → 昼食(「ぽかぽかのうえん」にてみんなで手作り予定)  → ※農家民宿の仕事を体験できるかも?!→ 地域散策や先輩移住者に話を聞く → 夕食(「ぽかぽかのうえん」にて先輩移住者との交流あり)   → 「ぽかぽかのうえん」にて宿泊
—2日目— 
綾部市上八田町から福知山市大江町へ移動(河口さんと合流) → 元伊勢散策  → 古民家の見学、古民家イベントスペースにて先輩移住者さんとお話し → 昼食・鬼和味にて(地域のお料理) → 移住者との交流など → 大江駅近くにて解散
※帰りの際の最寄駅は「大江駅」です

◎概算費用◎
・参加費  → 8700円(宿泊費7700円)
(参加費には、ツアー中の移動費・宿泊費・食費 (14日(土) 昼食、14日(土)夕食 / 15日(日)朝食、15日(日)昼食の4食分)が含まれています。)
・その他費用 → ご自宅から現地までの往復交通費など
◯持ち物
・動きやすい服装、歩きやすい靴(地域を散策、体験をする際に汚れても構わない服装)
・洗面用具、タオル類(ゲストハウスの為、用意されていないものもある可能性があります。)
◯最小敢行人数 → 2人 / 最大人数 → 4人
◯その他
・悪天候などの不可抗力の理由より、旅行の中止をする場合があります。予めご了承ください。
・宿泊先では、相部屋の可能性がございます。
・食物アレルギーなどお持ちの方は、事前に必ず申告していただきますようお願いいたします。
ーーー
◎当日のゲスト◎

 ▷櫛田 寒平(クシダ カンペイ)さん
 「大切なものを大切だと思う気持ちを音楽を通して表現している」
 東京出身のシンガーソングライター。
  日本や韓国や台湾、中国(上海→南京)徒歩で完歩、5000キロ
 以上を歩き、出逢いの中で生まれた想いを歌にしている。
 東日本大震災の復興支援に2011年4月から7月までの3ヶ月間
 参加したことをきっかけに東京を離れる決意をした。
 綾部に移住して7年、農家として、お米や胡麻や野菜の栽培を
 しながら、昨年11月に綾部市上八田町で「農家民宿ぽかぽかの
うえん」を開業。


 ▷河口 珠輝(カワグチ タマキ)さん
 兵庫県出身。大江町・常光寺、丹波市・無量寺住職。父親の仕事の
 都合で現在の福知山市大江町に移住。
 大学進学で神戸、卒業後は修行で四国、修行後は大江町に戻り
 その後アメリカへ。
 帰国後は丹波市へ戻り住職となるが、父親が大江町・常光寺住職の
 住職をしていたが、隠居を機に常光寺を引き継ぐ。現在は二拠点で
 住職として地元に入り活躍中。
 地元が変わらなければ!という思いで、地元の有志と元伊勢参道マルシェを主催。「町おこしは人おこし!人が元気になれば町が元気になる!町が元気になれば寺も元気になる!」という思いで地元を支え活躍中。

▽イベントの詳細はこちら(更新予定)▽

---
綾部市ってどんなところ?


綾部市は、京都府の中央北寄りに位置する田園都市。美しい自然環境や豊かな里山・田園と農村の暮らし、平和と歴史・文化に彩られた市街地、ものづくりを中心とする多様な産業の集積、そして京阪神地域と日本海地域をつなぐ交通の要衝地であることなど、地方小都市ながらさまざまな機能や特性がバランスよく備わっています。
また、強い郷土愛や高い文化度、温厚で粘り強い市民性、加えて「郡是」の創業や「大本」の開教、日本初の世界連邦都市宣言等に見られる進取の気質、営々と受け継がれてきた地域の伝統行事など、多くの有形無形の歴史的・文化的資産を有しています。(綾部市HPにて抜粋)
▶︎綾部市HP→綾部市観光協会HP
・・・
福知山市ってどんなところ?


由良川流域の福知山盆地にひらけ、市の中心部では、充実した都市基盤が整備されている一方、郊外では自然環境の豊かな田園風景が広がり、様々なライフスタイルを選ぶことができます。
市の中心部から少し移動すると、豊かな自然環境の中で暮らすことができます。
農業やサラリーマン移住、古民家カフェや農家民宿を営みながら田舎暮らしを楽しんでいる方など、先輩移住者もたくさんいます。(福知山市HPにて抜粋)
▶︎福知山市HP→福知山市・FUKUFUKU LIFE

---
◎農家民宿ぽかぽかのうえん(宿泊先)

ぽかぽかのうえん・宿泊場所

築100年を超える古民家を改装し、周りにある田んぼや畑に囲まれた農家民宿ぽかぽかのうえん。
無農薬肥料栽培での胡麻栽培を中心に、お米作り、野草茶の製造、季節の野菜を育てています。
自然の中でゆっくりしたい方、都会から田舎へ移り住もうとお考えの方や、土に触れてみたい、農家体験をしてみたい方など、幅広く多くの人たちが訪れている場所です。

ーーー
こちらから随時情報を更新いたします。是非、ご覧くださいね!!

お申し込み、お問い合わせについて
MATA TABI 工忠照幸(くちゅう てるゆき)
Email: matatabijourney@gmail.com  
メールタイトル名を「12/14・15ツアーの申し込み又はお問い合わせの件」と表記をお願いいたします。
【企画・協力】
MATA TABI
京都府知事登録旅行事業地域-676
代表兼総合旅行業務取扱管理者:工忠 照幸
TEL: 0773-21-6745 / FAX: 0773-21-6745
Email: matatabijourney@gmail.com

主催:中丹広域振興局、綾部市、福知山市、京の田舎暮らしふるさとセンター
企画協力:京都移住コンシェルジュ、MATA TABI